大麻が日本でなぜ違法なのか教えます【日本はアメリカの支配下にある】

※日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。このサイトの趣旨は、国内での無許可の使用を推奨するものではありません。日本での違法行為は推奨していません。

どうも、こんにちは!マロンです。

先日下記のようなツイートを僕はしました。

 

 

日本で大麻が禁止になった理由を知っていますか?

1万年前から日本では大麻は盛んに栽培され使用されていました。

禁止になった原因は太平洋戦争の敗戦です。

敗戦から米の支配下に変わり、日本の大麻産業が脅威になると考え禁止にしたのです。

いつまで日本は支配下にいるのか

 

上記のツイートを今回は深堀りしていこうと思います。

 

大麻が日本でなぜ違法とされているのか教えます

 

カンナビス

大麻が日本でなぜ違法になったのかを教えていきますね。

 

大麻が日本で違法な理由はアメリカが原因だった

結論から言いますと、大麻が日本で違法になった原因はアメリカにあります。

そもそも始まりは太平洋戦争での敗戦がきっかけでした。

 

日本が太平洋戦争で敗戦してしまったことでアメリカの支配下に置かれることとなりました。

そしてすぐに大麻の栽培を禁止しました。

なぜ大麻の栽培をアメリカが禁止したのかと言いますと理由は2つあります。

その理由が以下の通りです。

 

・日本の大麻産業を恐れたから

・日本人を弱体化させようとした

 

以上の2つ理由だと言われております。

他にも理由はあるのですが、現状を考えてもこの2つが無難かなと思いますね。

少し解説していきます。

 

日本の大麻産業を恐れた

アメリカは日本の大麻産業を恐れていたように思えます。

なぜアメリカは日本の大麻産業を恐れていたのかと言いますと、日本で大麻は万能薬として使用されていたからだと思います。

 

現在の研究では大麻には成分によって様々な効果をもたらすと言われております。

大麻の成分としては、主にCBDとTHCがあります。

この効能について知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

CBDの効能を全て教えます!人体へ悪影響はあるのか?【注目成分です!】

 

昔、日本では大麻の成分を使った薬が実際にありました。

実を言うと今も見ることが出来ます。

「神薬」って聞いたことはありませんか?

戦前に販売されていた商品なのですが、クロロホルムや大麻成分が入った商品で、万能薬として使用されていました。

しかし、大麻などが禁止されたことによって日本で見ることは全くなくなってしまったのです。

神薬は以下の写真です。

神薬

 

効果は、気付けや船酔い、車酔い、胃痛、頭痛、などなんにでも効果を出す最強の薬でした。

※ここだけの話、この神薬はバルセロナの大麻博物館見ることが可能ですよ!

 

このように日本は大麻を使った商品を作るのがうまく、他国よりも知識が豊富にありました。

それをアメリカが恐れたので、禁止にしてしまいました。

 

もしも、大麻産業が禁止にされていなかったら日本は医療の国として世界トップの医療技術を持ち合わせていたこと間違いないです。

現在、アメリカでは徐々に大麻が合法化され始めたのに日本では合法化されないのは、アメリカが日本の大麻産業への復帰を恐れているからでしょう。

アメリカは常に日本を脅威とみなしているのです。それなのに日本は立ち上がらないでずっと支配下にいようとしています。

僕は一人の日本人として落ちていく日本を見るのが悲しいです。

 

すみません。話が少し脱線してしまいました。

2つ目の理由に移りますね。

 

日本人を弱体化させようとした

日本人にとって大麻は神聖なものなのでアメリカは取り上げたようです。

それでは説明していきますね。

 

日本は大麻を医療品としてだけでなく、生活必需品として使用してきました。

例えば、漁網として使用してきたり神社のお守りなどにも使用されています。

 

日本人は神社やお寺などにお参りに行ったりしますよね。

その時にお守りとか買ったことはありませんか?

昔はお守りやお札(おふだ)などに大麻が使用されていたのです。

日本では大麻は神聖な植物として扱われてきたので、アメリカは日本人の心のよりどころを無くしてしまうことで弱体化をさせようとしたのです。

 

確かに自分が信じているものがなくなると悲しくなったり絶望することがありますからね。

これは一種の宗教などと同じでしょう。

心のよりどころ、つまり落ち着くものを無くしてしまおうとアメリカはしたのです。

 

以上の2つがアメリカが決めた「日本で大麻が違法となった理由」です。

 

アメリカは日本に負けたくないので常に支配下に置いている

正直、アメリカは日本に負けたくないし、脅威に思っているので常に支配下に置いていますね。

アメリカだけでなく、中国や韓国などもそうです。

日本国の近辺は日本が再び立ち上がるのを常に恐れています。

 

だから、日本を脅して逆らえないようにしたり、メディアを乗っ取り国民を洗脳したりしているのです。

ハニートラップなんかもそうですね。日本を本気で立て直そうとしてる人にはハニートラップなどを仕掛け強制わいせつ罪で捕まえたりします。

その後、近隣国の息がかかった日本のメディアが世間的に潰すといった流れです。

 

恐ろしいですよね。

時間や年月が経てば経つほどに日本はじわじわと崩壊させられているのです。

 

日本が先進国に返り咲くには反発していく必要がある

日本が先進国に返り咲くには反発していくしかありませんね。

もちろん総理大臣になった方はなんらかの方法で他国から脅されていることは間違いないでしょう。

うまく、政策を進められずにいると思います。

 

それでも日本は早く立ち直らなければいけないのです。

現在、TVというメディアがようやく消えそうになり、若者はスマホを使って自分で調べるということをするようになりました。

ですので何が正解で何が悪いのかを自分で考えられるようになったのです。

 

この日本を立ちなおせるのは我々若者しか出来ないと思います。

TVに汚染されていなく、なんでも証拠を残せる媒体を持っている現在こそがチャンスなのです。

 

日本のトップに立つ人は、アメリカや中国に脅されるでしょう。

裏では大切な人を人質にとられているのかもしれません。

それでも立ち上がり他国に反発していかなければならないと僕は思います。

そうでもしないと日本は終了ですね。

 

大麻が日本で合法化されると優位に立てる

 

優位

大麻が日本で合法化されると他国より優位に立てますね。

 

日本が持っていた大麻の知識はかなりのもの

先ほども以上に書いた通り日本人は、昔大麻を実際に医療薬として使用していた実績があります。

使用は禁止され、研究も禁止されていますが、正直どこかに研究データなどは極秘として隠されていると思っています。

ですので、日本が大麻を合法化した際には他国に追いつくことが出来ると思いますし、むしろ質の良い商品を製作できると僕は思います。

 

そうでもしないと、大麻によって作られた医療薬を外国は使い、日本は今まで使っていた使い物にならない薬を交わされ国内で販売されるという最悪な状態になってしまいます。

もしも、大麻業界から日本が手を引いた時日本の終わりだと腹をくくるべきです。

それほど日本は今追い詰められています。

 

長寿の国であり医療国として有名になれる

世界各国が大麻の合法化を進めている中で日本も波に乗れることが出来れば、国としてまた世界のトップに返り咲くことが出来るでしょう。

日本国は過労死という国際語を生み出してしまうほどにやばい状況です。

これを打破するには大麻の持つ医療効果を使うしかありません。

 

大麻の効果で過労死などがなくなったら日本は世界一の技術を持って世界と戦うことになると思います。

 

・長寿の国

・最先端医療を備える国

・幸福度が高い国

・経済的豊かな国

 

以上が口にされる最高の国になれるのではないかと本気で思っています。

それほどに大麻には可能性が秘められているのです。

若者の選挙活動がこの先の運命を変えると思いますね。

 

反発できる人が国を引っ張っていくべき

さて、今回はこの辺で終わります。

この先の日本は、トランプさんのように過激な人か、しっかりと反発できる人が引っ張っていくべきだと思います。

それかリスクを取れる人ですね。

 

未来ではさらに近隣国からの圧が強くなると思いますので、そんな圧をものともしない方が日本を救うと僕は思います。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます。

皆さんの意見をTwitterで聞かせてくれたら本当に光栄です。

 

また、他にも大麻に関しての記事を書いていますので読んでみてください。

それではありがとうございました。

 

※日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。このサイトの趣旨は、国内での無許可の使用を推奨するものではありません。日本での違法行為は推奨していません。

 

関連記事

大麻の解禁は東京オリンピックを機に起こる可能性がある

【実例あり】大麻の使用を一部合法にすべき理由【考え方が変わります】

CBDを過剰摂取する人の特徴は3つあります【一度見直すべき】

CBDはヨーロッパやアメリカで研究が進むと日本が危険になる事実

CBDが効かない方の悩みを完全解決します【試す価値あり】