CBDグミなどの個人輸入は控えるべき話【最悪逮捕されます】

どうも、こんにちは!マロンです!

今回は、CBD食いなどのCBD商品を個人輸入したい方向けの記事になっています。

 

吹き出し人物名CBDグミを個人輸入したい人:「CBDの個人輸入をしたいんだけど、どこから輸入すればよいか分かりません。あと、海外のCBDみたいに濃度が高い商品があれば教えてほしいです。」

 

上記の疑問について解決していこうと思います。

結論から言うと、CBDグミなどのCBD商品の個人輸入は避けるべきですね。

それでは解説していきます。

 

CBD商品の個人輸入は避けた方が良い事実

空港ロビー

CBD商品の個人輸入は危険ですので避けるべきですよ。

 

CBD商品を海外から個人輸入すると違法成分が入っている可能性がある

CBD商品を海外から個人輸入すると、日本では違法とされている成分が入っている可能性があるので、最悪逮捕されてしまいます。

もしも、知らなかった!としても言い訳は聞いてくれませんので注意が必要です。

違法成分というのは「THC」というものです。

 

日本では違法とされており、THCを含む商品を所持していると逮捕されます。

海外では「THC」が合法としている国も多々あるので、あっちの国としては普通に輸出しています。

しかし、日本では違法なので、この文かや考え方の違いで逮捕されてしまっては悲しいですね。

 

THC成分はなぜ日本で違法とされているのか

海外ではOKとされている成分のTHCは日本ではなぜ違法と言うレッテルを貼られているのでしょうか。

実は、THCには向精神作用があったり、少しハイになったり、記憶が軽く飛んだりします。

そのため、普通の人ではなくなるという判断をされており、禁止されているのです。

 

ここで、僕個人の疑問なのですが、アルコールはどうなんでしょうか。

同じく、向精神作用があり、酔っぱらってハイになるのは同じです。

なのに、アルコールは禁止されておらず、THCは禁止されている理由が良く分からないです。

 

海外からの個人輸入は年々厳しくなっている件

実は、最近個人輸入が厳しくなってきています。

というのも、密輸などで日本に入ってくる薬物が多くなっている現状がある今、取り締まりを厳しくしたのだと思います。

取り締まりを厳しくしたということは日本にも大麻などの薬物が入ってきていたことの証拠ですし、何よりもブラックマーケットを潰そうとしているのだと思います。

 

しかし、僕の考え上この政府の考えは逆効果ですね。

理由は、大麻などの薬物とされているものの、希少価値が上がってしまうので、ブラックマーケットが儲かり大きくなっているからです。

 

ブラックマーケットを潰すにはある程度合法化するべき

THCなどが危険と言われていて大麻が違法薬物とされています。

しかし、これらの非合法化はデメリットが大きいと考えられますね。

 

というのも、大麻には医療効果があることが分かってきていますので、ある程度合法化させた方が医療が発展しますし、ブラックマーケットを撲滅させることが出来るからです。

現在の日本で違法ですので、使用などは絶対にやめてほしいです。

しかし、大麻やTHCを合法化にした場合、医療系でお金は儲かるし、ブラックマーケットの売り上げが税金になるし、患者は助かるし、一石三鳥なんですね。

この状況から海外では最近合法化する国が増えてきていますよ。

 

大麻やTHCは違法なので輸入するべきではない

個人輸入のまとめをすると、日本では違法とされている成分などがあるため、CBD商品などの個人輸入はするべきではないです。

しかし、海外の国で大麻などの合法化されているので、今後徐々に流れが変わってくるのも事実です。

 

ですので、合法化されてから個人輸入をすることをおすすめします。

もしも、CBD商品に日本の上限を超えるTHCが入っていた場合は逮捕されてしまう可能性があるので気を付けてくださいね。

 

CBD商品の中で濃度が高いものはどんなものがあるのか

CBD女性

海外から個人輸入したいと考えている方の多くは、日本のCBD商品の濃度では足りなかったリ、効果に満足できないからですよね。

ですので、最後に濃CBD濃度が高い商品や満足できる商品などを教えていきますので是非参考にしてください。

 

CBD商品の中でも濃度が高い商品

数あるCBD商品の中でCBDの濃度が高い商品は以下の通りです。

 

・その①:CBDプレミアムブラックオイル フルスペクトラム

・その②:CBDオイルアンバーゴールド

・その③:CBD LIVING

 

上記の通りです。

それぞれ少し解説していきます。

その①:CBDプレミアムブラックオイル フルスペクトラム

CBDプレミアムブラックオイル フルスペクトラムは皆さんも一度は見たことのある有名かつ人気商品です。

濃度が3%~12%まであり、自分の欲しい濃度に合わせた購入できるのがありがたいです。

12%までいくとかなり濃度が濃くて効果を期待できると思いますよ。

 

口コミなどは以下から確認できますので、ぜひ覗いてみてください。

CBDプレミアムブラックオイル フルスペクトラムの口コミ|購入はこちら

 

その②:CBDオイルアンバーゴールド

CBDオイルアンバーゴールドはあまり知られていないかもしれませんが、濃度が比較的高いCBD商品です。

オイルですので、苦さがありますが口コミなどを見ると満足しているとの声をよく見ます。

一般的に販売されいるCBD商品で満足できない方は購入するべきものですね。

 

口コミなどは以下から確認できますので、ぜひ覗いてみてください。

CBDオイルアンバーゴールドの口コミ|購入はこちら

 

その③:CBD LIVING

CBD LIVINGは個人的に一番おすすめしたい商品です。

というのも、CBDオイルなどにある苦さなどがなく、誰でも簡単に摂取できるからです。

それに加えてCBDの濃度が高く効率よく摂取できることから個人的におすすめした商品ですよ。

 

口コミなどは以下から確認できますので、ぜひ覗いてみてください。

CBD LIVINGの口コミ|購入はこちら

濃度が高いCBD商品は増えてきている

濃度が高いCBDグミなどのCBD商品は現在増えてきています。

というのも、海外からの個人輸入を厳しくした現在、日本で売られているものでは満足できない方が増えてきているので増えてきている流れになっています。

ですので、日本のCBD商品で満足できない方にとっては良い流れになってきているのかなと。

 

CBD濃度が高いと、副作用などが気になったりもしますが基本的には大丈夫かなと。

もちろん使用者のそれぞれが気にしないといけないことではありますが強い副作用などはないので、基本的には軽い症状で終わります。

それもひとつのCBDの特徴ですね。

 

CBDを海外から個人輸入するのは避けるべき

今回はこの辺で終わります。

最後に結論をまとめますが、CBDを海外から輸入するのはやめた方が良いかと思います。

日本に住んでいるなら法律を守るべきなので、違法成分が入っている恐れのあるものは避けるべきです。

 

とはいえ、海外の流れを見ると、大麻などの合法化が進んでおり、グリーンラッシュと呼ばれるまでになっています。

このことを考えると、日本は成長しなければいけないのかと。

 

ですので、皆さんも今は法律を守り今後の流れで行動を変えていってください。

 

そろそろ終わります。

この他にも記事を書いていますので是非読んでみてください。

それではありがとうございました。

 

関連記事

【良品】CBD FXグミを徹底的にレビューした【他のCBDグミと比較】

【効果抜群】CBDグミのおすすめ商品3選!【安定した生活への改革】

CBDグミを食べ過ぎると経済面的にきつくなる件【身体への悪影響はないです】

【朗報】CBDグミ初心者に強くおすすめできる件【時間や摂取方法だけ注意】