CBDでハイになることはあるのか?【正しい情報を教えます】

  • 2019年12月12日
  • CBD
CBD

※日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。このサイトの趣旨は、国内での無許可の使用を推奨するものではありません。日本での違法行為は推奨していません。

 

どうも、こんにちは!マロンです。

僕は、現在大学三年生なのですが、今後伸びてくるであろうCBDや医療大麻に興味を持ち勉強しています。

そんな僕が今回書いていくのは、CBD成分についてです。

 

さて、先日以下のようなツイートをしました。

 

 

CBDを摂取することでハイになることはありませんよ。

ハイになる成分はTHCという物なのでCBDを摂取することでは起こりません。

結構ハイになると思っている人も多いようですね。ちなみに、CBDはリラックス効果や睡眠促進効果があるので不眠症の方などに勧められます!

 

というツイートをしました。

今回は上記のツイートについて深堀りしていこうと思います。

 

CBDはハイになる効果はあるのか?

パーティー

結論から言いますと、CBDはハイになる効果はありません。

 

CBDの効果はハイにすることではない

CBDにはハイにする効果はありません。

むしろ、心を落ち着かせる効果がありますね。

例えば、どんな効果を得ることが出来るのかと言いますと、以下の通りです。

 

・不眠解消

・リラックス効果

・ストレス解消

・イライラ解消

 

以上などの効果があります。

これらの効果があるのを分かっていただけると、CBDはかなり日本人が使用すべき商品であると分かりますね。

日本人はすぐにストレスを抱えますし、仕事に熱心のため、不眠症になってしまうことも多いのだとか。

日本人として真面目であることは誇りに持っていますが、真面目過ぎるがために自殺なんてことにもなってしまいます。

このようなニュースはよく見かけますね。パワハラだとかで自ら命を絶ってしまう方が何人か実在しているのです。

それなら、リラックスした毎日を送れるように、夜はぐっすり眠れるようにCBDを取り入れるべきだと僕は思います。

 

まとめると、CBDにはハイになる効果はなく、リラックス効果がメインです。

日本人のような真面目気質な方には特におすすめです。

 

もう一方の成分にはハイになる成分が含まれている

もう一方の成分と言っても分からないもいらっしゃると思います。

CBDと言うのは、大麻から抽出された成分のひとつです。

大麻からはもう一つの成分が抽出されます。それがTHCと言うものです。

 

THCにはハイにする効果や酔っぱらった感じにする効果があります。

このようにハイになってしまうと本来の人間とは少し違った感じになってしまうので国として禁止しているわけです。

日本では、CBDの使用は認められていますが、THCの使用や所持は認められていません。

その理由はハイになってしまうからです。

ですので、CBDをこれから使用しようとしている方は安心してお仕えいただけますよ。

 

同じ大麻からの抽出物なので間違った知識を持ってしまう

この記事を見てくださっているあなたは、大麻は危険だと思いますか?

多くの方が大麻=悪と考えていますが、実はこの考えは間違っているのです。

大麻というのは、もちろん悪い面もありますがプラスな面もかなり多いのです。

 

THCにはハイになる効果があります。

これを聞くとあまり良いイメージは持ちませんよね。

しかし、あまり良いイメージを持たないのは外見しか見ていないからなのです。

THCにはプラスな面がしっかりとあります。

それは以下の通りです。

 

・食欲がでる

・鎮痛剤

・制吐剤

・筋弛緩剤

 

以上のような効果があるのです。

いかがですか?悪い面だけではありませんよね。

とはいえ、使い方が間違ってしまうと肺になったりしてしまうので、国として禁止しています。

しかし、他国(アメリカやヨーロッパなど)では実際に医療用として使用されています。

 

一例をあげてみますね。

THCには鎮痛剤のような効果があります。

癌などのどうしようもない痛みなどに使用することが出来るのです。

その際の副作用はほとんどありません。以前までの鎮痛剤では効果が表れなかったり、副作用がすごかったりしていたのですが、これらを克服できるのです。

 

なにが言いたいのかと言いますと、大麻=悪なのではなく、大麻にはCBDやTHCという成分があり、それぞれ悪い面もあるけど良い面もあるということを知ってほしいのです。

大麻と言うのを頭ごなしに危険だ!と決めつける段階ではもうないのです。

 

海外のCBD商品には注意する必要がある現実

ワールド

海外のCBDには注意した方が良いですね。

 

海外のCBDはTHCが含まれている可能性がある

国によってはTHCの濃度が低ければ認めているところもあります。

それを知らずにこれはCBD商品だから大丈夫と思ってしまってはダメです。

空港で止められてしまうかもしれませんし、日本に帰国して逮捕なんてこともあります。ですので、しっかりと行く国の法律を調べる必要があります。

 

現地でハイになると後々やばいことになる

現地でCBD商品にTHCが入っていることを知らないと間違って摂取してしまうことがあります。

もしも、THCを摂取してしまった場合、日本に帰国した際に逮捕されることがあります。

日本人はあくまで、THCを摂取してはいけないという法律があるので、海外だから摂取しても平気というようなことはありません。

大麻を海外で栽培するのもNGですよ。

 

また、帰国ぎりぎりに大麻を使用して日本に戻ると大麻を使用したか、持っているかを見つける警察犬みたいなのがいます。

それにつかまってしまうと、一発アウトみたいなものなのでお気をつけて下さい。

多くの方が実は間違った知識を持っていることについてここでは書いてきました。

 

まとめると、海外で大麻を吸ってはいけない。THCを摂取してはいけない、栽培してはいけない。

日本に持ち込めないCBD商品があるということです。

 

以上のことを気を付けて旅行してください。

そろそろ終わりますが最後に今回の記事のおさらいをしますね。

まず、CBDにはハイになる効果はありません。

ですので日本でCBDを使用してハイになることや害が出ることもありませんので安心してください。

 

ハイになる効果があるのは大麻の成分であるTHCです。

日本での使用は禁止されていますので使用しないようにしましょう。

また、海外での使用も逮捕案件なので注意が必要です。

 

今回はこの辺で終わろうと思います。

以上のことなどの正しい情報をしっかりと持って遊ぶようにしてください。

それでは終わります。

他にも記事を書いていますのでそちらも見てみてください。

 

※日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。このサイトの趣旨は、国内での無許可の使用を推奨するものではありません。日本での違法行為は推奨していません。

 

関連記事

大麻の解禁は東京オリンピックを機に起こる可能性がある

【実例あり】大麻の使用を一部合法にすべき理由【考え方が変わります】

CBDを過剰摂取する人の特徴は3つあります【一度見直すべき】

CBDはヨーロッパやアメリカで研究が進むと日本が危険になる事実

CBDが効かない方の悩みを完全解決します【試す価値あり】