CBDオイルの効果的な使い方を完璧に解説する話【CBDオイルマスターになれます】

どうも、こんにちは!マロンです!

今回は、CBDオイルの効果的な使い方について解説していきますね。

この記事を読めば、腫れてあなたもCBDマスターになれますよ!

 

吹き出し人物名CBDオイルを使っている人:「CBDオイルの効果的な使い方が分かりません!どんな時に使用するのが効果が出やすいのか?どのように使用するのが効果的なのか?完璧な使い方や効果的に使うタイミングを知りたいです!」

 

上記のような悩み、疑問について詳しく書いていきますね。

 

CBDオイルの効果的な使い方を伝授します

大麻-CBD

まず初めにCBDオイルの効果的な使い方を伝授します!

 

CBDオイルの効果的な使い方はタイミングがポイントです

CBDオイル効果的な使い方は使用するタイミングがポイントですよ。

使用するタイミングを知っているだけでかなり効果の有無が変わってくると思います!

 

使用するタイミングは自分が効果を欲しい!と思う1時間前に摂取しましょう。

理由はCBDオイルの効果が表れる時間が1~2時間後だからです。

ですので、自分の生活習慣的に必要になる1~2時間前に摂取すると良いですよ!

 

例えば、睡眠に入る1時間目に摂取したりすると良いかもですね!

 

CBDオイルの効果的な使い方をするには摂取にコツがいります

CBDオイルの効果的な使い方をするには摂取にコツがいりますよ!

CBDオイルを効果的に得るコツは「舐める」です!

 

CBDオイルは粘膜からの摂取が一番効果が出ると言われているので、経口摂取したらすぐに飲み込まないで2~3分舐めていると良いですよ!

すぐに飲み込んでしまうと、胃での摂取になります。それでも一見よさそうですが、胃酸とかが吸収に邪魔をするのでなるべく口内が良いです!

個人的なおすすめは舌に垂らすのではなく、舌下で摂取することです!

 

薬にも舌下錠と言うものがあるように舌下での摂取が効果的です!

 

CBDオイルで摂取するメリット・デメリット

CBDオイルで摂取することにはメリット・デメリットがありますよ!

メリット・デメリットについて少し解説しますね。

 

CBDオイルで摂取するメリット

CBDオイルで摂取するメリットは以下の通りです。

 

・CBD摂取量を調整できる

・自分に合ったCBD濃度がある

・CBD特有の味や匂いを感じることが出来る

 

CBDオイルのメリットは上記の通りかなと思います。

特にCBDオイルはCBD濃度が3%みたいに低いものから60%とヤバい濃度のものまであります!

ですので、自分に合ったCBD濃度で調節できるから効果的に摂取できます。これが一番良いメリットだと思います。

 

CBDオイルで摂取するデメリット

CBDオイルで摂取するデメリットは以下の通りです。

 

・苦い

・味や匂いが草っぽい

・効果を実感できるまで長い

 

CBDオイルのデメリットは以上の通りです。

CBDオイルの一番のデメリットは苦いという面かなと思っています。

初心者が始めて摂取した際にめちゃくちゃ驚きます!

 

それほど苦いので注意です!

また、効果を実感できるまで1~2時間かかるので即効性はないかなと。

今すぐに!という方には実践的ではないと思います!

 

【意外と知らない?】CBDオイルの使い道を伝授します

マリファナ-崖-1

CBDオイルの使い道を知っていますか?意外と睡眠のために!リラックスのために!と思っている方が多いような気がしますよ。

 

CBDオイルの使い道は結構多くある

CBDオイルの使い道を睡眠のため、リラックスのため!と思っている方が多いと思いますが実際はそんなことないですよ。

他にも、以下のようなものに使えました!(※実体験です。)

 

・頭痛の緩和

・腹痛痛の緩和

・寝起きスッキリ

 

 

上記の通りです。

 

意外に、頭痛の緩和や腹痛時の緩和に効果がありました!

CBDの効果かは、断言することが出来ませんが、摂取後に痛みが緩和されたのは確かです。

 

また、寝起きのスッキリ感は半端ないです!

起床時に全く憂鬱にならなかったのでかなりありがたいですよ!

 

CBDオイルを初心者が効果的に使用するなら混ぜるべき!

CBDオイルを初心者が効果的に使用したいなら、混ぜて使用するべきですよ!

どういうことかと言いますと、CBDオイルは苦いので、摂取できない人がたまにいます。

 

その方は、料理や飲み物に混ぜると苦さを感じることなくで摂取できます!

例えば、以下の料理や飲み物に混ぜると良いですよ!

 

CBDオイルを料理に混ぜる

CBDオイルを料理に混ぜるなら、甘いものが良い!

 

・ケーキ

・マフィン

・パンケーキ

・アイスクリーㇺ

 

などです!上記のような甘いスイーツなどに混ぜると苦さを感じることなく摂取できます。

 

CBDオイルを飲み物に混ぜる

CBDオイルを飲み物に混ぜるなら以下のようなものがおすすめです!

 

・水

・紅茶

・コーヒー

・スムージー

 

などです!正直飲み物は何でも良いかなと思っています!

水は実際にCBD水というものが売っていますし、コーヒーはもともと苦いのでピッタリです。

紅茶とかに混ぜてもいやな感じはしなかったので全然大丈夫です!

 

なので、もしもCBDオイルを初心者が効果的に使いたいのであれば、上記のように混ぜると良いかもです!<>mark/

 

CBDオイルは使い方や使う人によって効果の有無が変わる

CBDオイルは使い方や使う人によって効果の有無が変わります!

 

理由は、その人によって適切なCBD濃度は違うわけですし体が受け付けるのか受け付けないのかなどが変わってくるからです。

使い方は、先ほど解説した通り、舌下に垂らして数分舐めるのが一番効率が良いです。

なので、CBDで効果が出ない方は使い方を見直すか、濃度を上げてみるのが一番効果的だと思いますよ。

 

一番良くなのでは、CBDオイルの濃度があっていないのに過剰に摂取したり正しい摂取の仕方をしていない方です。

しっかりと自分とCBDの関係を見直しましょう!

 

CBDを過剰摂取するとどうなるのか

CBDを効果的にうまく使うことを放棄して過剰摂取すると体に異変が起きますよ。

例えば、以下の取りです。

 

・頭痛

・吐き気

・睡眠促進効果

 

上記の通りです。たしかに、CBDには睡眠促進効果はもともとあるのですが、それが強くなります。

また、頭痛も経験しました。

なによりも、胸焼けしたような感覚に襲われ気持ち悪くもなったので、過剰摂取には注意ですよ。

 

CBDオイルの効果的な使い方をまとめる

今回はそろそろ終わります!

CBDオイルの効果的な使い方について書いてきましたが、分かっていただけたでしょうか?

まとめると以下の感じです。

 

・CBDオイルを効果的に使うにはタイミングが大事!

→効果が欲しい1~2時間前

・CBDオイルを効果的に使うにはコツがいる!

→舌下に垂らして数分舐めるようにする

 

上記をしっかりと意識すれば、効果的にCBDオイルを扱うことができますよ!

それではこの辺で終わります。

他にも記事を書いていますので是非読んでみてください。

では、ありがとうございました。