CBDオイルは緑内障の治療に期待されている件【現在研究中です】

※日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。このサイトの趣旨は、国内での無許可の使用を推奨するものではありません。

 

どうも。こんにちは。マロンです!

医療大麻の研究が進み、多くの治療の期待できることがどんどん分かってきましたね。

今回はその中の一つである、「緑内障」に焦点を当てていきます。

 

先日以下のようなツイートをしました。

 

 

CBDオイルって緑内障に効果があるらしい。

祖母とかは緑内障で辛そうなのでこれはありか?と思ったが問題もあるっぽい。

調べると完全に治る訳ではなく、もしかしたら悪化させる危険性もあるらしい。

しっかり調べないと取り返しのつかないことになるから勉強は大事である。

 

上記のツイートをしました。

今回はこれを深堀りしていこうと思います。

 

CBDオイルは緑内障の治療に期待されています

レーザー治療

CBDオイルは緑内障の治療に期待されていますよ。

 

CBDオイルは緑内障を完治させることは出来ない事実

結論を先に言ってしまうと、CBDオイルは緑内障を完治させることはできません。

 

緑内障はどのようになるのか簡単に説明しますね。

目には眼球の形状を維持するために圧力がかかっています。

この圧力がいわゆる眼圧ですね。この眼圧が高くなると眼球が固くなってしまい、障害が発生してしまうというわけです。

 

緑内障やほかの疾患にならないようにするには、眼圧が高くならなければ良い話なのですが、CBDオイルには眼圧を下げる効果があるようなのです。

緑内障に効果を表すCBDオイルの効果は以下の通りです。

 

・眼圧を下げる

・鎮痛効果

・制吐作用

 

以上の効果がCBDオイルにはあることから緑内障の治療ができると言われているわけです。

とはいえ、CBDオイルを摂取したからと言って完治させることは難しそうです。

眼圧を下げる作用はあるものの緑内障に直接効果を表す成分作用はないからです。

 

ですので、現在のCBDに関する研究結果では完治させることはできません。

しかし、「カナソル」という薬がもしかしたら治す効果があるかもしれませんよ。

 

カナソルが緑内障に効果を表すかもしれない

カナソルというのは簡単いうと大麻成分を使った合成剤形です。

緑内障の後期に関連した眼圧で示されています。 カナソルは眼科医、アルバートロックハート博士とマンリーE.ウェスト博士によって1987年に作成されたものです。

 

詳しいことは残念ながら日本では調べられないようです。

ジャマイカでのみ手に入れることが可能であることだけ分かりました。

 

CBDオイルは緑内障を悪化させる研究データもある

先ほど、CBDオイルは緑内障を治療できる可能性があるとお伝えしましたがある研究では逆に、悪化させるのではないかという発表がされていました。

これについて次は説明していきますね。

 

2014年という古い研究データではあるものの、一応調べてみました。

CBDオイルを使用するとなぜ緑内障が悪化するのかというと、眼圧を下げることで視神経に血流がうまく回らなくなってしまうからだそうです。

この血流の低下により、緑内障の進行を速めてしまい、結果として視力喪失につながるのではないかと言われています。

 

研究段階のうちは、CBDの使用よりも治療薬を使うべきだとも言っています。

しかしここではCBDではなく、マリファナという表記で書かれていました。

マリファナの成分はTHCが含まれているのでそれを指摘しているのではないかと考えられますね。

 

緑内障に効果を表すのはTHCではなく、CBDのためこのデータは古いのかと思われます。

とはいえ、まだ研究段階なのでむやみにおすすめすることはできませんので使用の際は十分に注意してください。

 

CBDオイルは緑内障の治療ではなく予防に使用するべきだった

解決

CBDオイルは緑内障の治療ではなく、予防のためのものですね。

 

CBDオイルは緑内障を治療することはできない

CBDオイルは上記の結果から治療することは現段階ではできないと僕は思いますね。

その代わりに、CBDオイルは緑内障の予防に使用できるのではないかと思います。

 

例えば、緑内障になってから眼圧を低下させたとしてもすでに緑内障に放っているのですから治ることはなさそうです。

また、古いデータではありますが視神経に血流が回らなくなってしまうといった指摘もされているので、難しところですね。

ですので、CBDを日ごろから摂取することで緑内障になるのを防げるのではないかと考えられます。

 

緑内障を防ぐためだけに使用するのではなんとなく勿体無いような気がするという方も多くいると思います。

CBDには緑内障予防の他にも、睡眠促進効果や不安解消効果、など精神を落ち着かせる効果を持っています。

日ごろから使用しても身体へのダメージはありません。

 

結構僕としてはおすすめですね。

 

正しい使い方は緑内障の予防だった

結論付けるとCBDオイルの正しい使い方は治療ではなく、予防ですね。

緑内障は遺伝である話もあります。

身内に緑内障の方が多ければ多いほど発症する確率は高くなると言われているのです。

 

ですので、「あ。自分ヤバいかも,,,。」と思った方は早めに予防することをおすすめします。

ちなみに、CBDオイルで予防できる疾患もお教えしておきますね。

 

CBDオイルで予防できる疾患

CBDオイルで予防できる疾患は以下の通りです。

 

・多発性硬化症

・脊髄損傷

・神経障害性疼痛

・がん

・動脈硬化

・脳卒中

・心筋梗塞

・高血圧

・緑内障

・肥満

・メタボリック症候群

・骨粗鬆症

 

以上の疾患などを予防できるのではないかとされています。

まだ研究段階であるため、断定することはできませんが、非常に多くの疾患を予防できるのではないかと期待が高まっているのです。

 

緑内障はいまだに完治させることができない疾患

と言うわけで、今回は以上にします。

 

緑内障は手術しても完治できない疾患になっていますが今後医療大麻の発展によって治らないから治るへ!進むことを祈っています。

やはり、身内に緑内障の方がいると辛いものですね。

この先目が見えなくなっていくことに不安を抱きながら生きていかなければいないのですから。

 

予防はできるということなので、自分ヤバいかも。と思った方は早いうちからの行動をおすすめします。

それでは終わります。

他にも医療大麻に関しての記事を書いていますので是非読んでみてください。

最後まで見てくださってありがとうございました。

 

※日本国内での大麻所持、使用は法律で禁止されております。このサイトの趣旨は、国内での無許可の使用を推奨するものではありません。

 

関連記事

大麻の解禁は東京オリンピックを機に起こる可能性がある

【実例あり】大麻の使用を一部合法にすべき理由【考え方が変わります】

CBDを過剰摂取する人の特徴は3つあります【一度見直すべき】

CBDが効かない方の悩みを完全解決します【試す価値あり】

大麻の合法化で治安が悪くなるのか?【未来の日本を予想します】