【注目】イランとアメリカの戦争で石油が高騰するも日本が本気になれば大丈夫な件

どうも、こんにちは!マロンです!

最近はアメリカとイランが戦争しそうで怖いですね。

この自治問題について今回は深掘りしていきます。

 

先日、以下のようなツイートをしました。

 

 

日本はアメリカを支持しているのでガソリンの高騰化などが起こりますよ。

すると日本はピンチに陥るので大麻産業に手を出すべきですね。

理由は大麻で燃料が作れるので石油などを輸入しなくてもokになるから。

さらに、大麻でプラスチックの代用をすればエコにもなるので最強のエコ大国が建設される。

 

上記について深掘りしていきますね。

 

イランVSアメリカの戦争が起こると石油が高騰する事実

戦争

イランVSアメリカの戦争が起こると石油がかなり高騰しますね。しかも日本はアメリカの肩を持ているのでかなり値段を上げられそうな予感。

 

イランとアメリカの戦争は起こるのか

まずはここですよね。

イランとアメリカの戦争は起こってしまうのでしょうか。

結論を先に言いますと、起こらないと思います。

というのも、過去の過ちはどこの国も分かっていると思うからです。

 

ではどのようにして他国と戦うのか。戦争ではなく、輸出などを制限することによって相手国にダメージを与える貿易戦争には発展するかもです。

ですので死者などは出ませんが経済的に大打撃を与える戦いにはなりうると思っています。

 

イランとアメリカの戦争で日本への影響はあるのか

皆さんが一番気になるのはここですよね。

この戦争において日本への影響はあるのでしょうか。

結論、ありますね。

 

原油をかなり高額にされるのではないかと思います。

日本はアメリカの傘下に入っていますので敵対視されてもおかしくはありません。

そうなると、石油などの価格を高くすることで日本の経済は大きなダメージを食らいますね。

 

日本では石油などを使うことがすごく多いです。

身近なものでいうとガソリンや、ストーブにも使います。

日本の経済でいうと、原発にも必要です。

 

これほど大切なものの値段が高騰すると、日本の経済は回らなくなります。

また、消費税などが高くなり、結果として国民の出費が増えてしまいます。

 

今後日本は自分の足だけで歩いていくべきである

現状、日本はアメリカの傘下に入っている状態ですし、内閣の動きも最近は怪しくなってきました。

というのも、自衛隊は紛争地帯に送り込むと言っているのに首相は渡航することをやめました。

このようなことから国民の不満が爆発しており、内閣は崩壊していくと思います。

 

こんなやばい考えの方が日本のトップを占めている状況で日本は今後大きく成長できると思いますか。

答えは「No!」です。

他国の指示待ちをしている日本では大きな成長はできませんし、日本の技術も劣化していきます。

 

このような状態を避けるためにも自分たちの足で成長できる国を作っていかなければいけないと思います。

では、日本はどうするべきか。答えは簡単です。

 

日本は自国で燃料を作り新しい国家を作るべき話

燃料

日本は他国に依存しすぎていました。

ですので、これからは自国で完結できるようにしていくべきだと思います。

 

イランVSアメリカで石油が高騰したら自国で燃料を作るべき

先ほども書いた通り、イランとアメリカが戦争をすると、日本に石油があまり入ってこなくなりますし、値段がかなり高くなります。

ですので、このような最悪な状況になっても大丈夫なように自国で石油に代わる燃料を作り出す必要があります。

例えば、以下のものがあるのではないでしょうか。

 

・大麻

・電気

・ミドリムシ

など

 

他にも多くありますが、ここら辺がメインです。

これらの研究に日本は力を入れていく必要があると僕は思います。

さて、今回は上記の中でも大麻を燃料にするべき件について説明していきます。

 

大麻を産業用に使用すると日本は変わっていく件

日本で大麻の所持は現在禁止されています。

ですのでここからはあくまで予想として、フィクションとして書いていきます。

 

まず、大麻は違法だ!とか麻薬だ!という意見もあると思いますが、今回この記事ではその面についての言及はしません。

もしも、大麻が合法化されると、嗜好品用ではなく、産業用に大きな広がりを見せると思っています。

というのも、大麻はかなり実用性の高い植物です。

 

例えば、洋服にも使われますし燃料にも使われます。さらにプラスチックの代用にもなります。

産業用限定で大麻が合法化されるだけでもかなりの利点がありますよ。

 

大麻はバイオ燃料にも使える件

大麻はバイオ燃料に使用できると言われています。

実際、大麻を燃料にした車が作られて走っています。

 

日本の技術は実はもうここまできているのです。

しかし、合法化されていないがために使用することが出来ず、高い石油を購入しています。

ですが、日本で大麻をバイオ燃料として使用できるようになると、貿易戦争に参戦しなくて済むのです。

 

結果として、国民一人一人の負担が減りますし、日本の技術は世界に誇れるものになるのではないでしょうか。

 

大麻はプラスチックの代用になる

意外かもしれませんが、大麻はプラスチックの代用になります。

すると、今までのプラスチックは結局リサイクルされるのが2~3割程度でしたが大麻の場合そのまま自然に戻ります。

ですので最強のエコです。

 

日本はエコに対して真面目に取り組んでいますが、データとしては他国よりも悪いです。

その理由はエコを行う技術が悪いのと、使っているものが悪いからです。

だからこそ、大麻産業を発展させてエコ大国にするべきじゃないかと僕は思います。

 

結論:日本が本気を出せば本当の意味で独立していける

今回はこの辺で終わろうと思います。

日本が本気を出せば、独立してやっていけるのが事実です。

ですが、この成長とともに悪いことをする人も増えてきます。

 

ですので、しっかりと法律を作りつつ成長していかなければ国は崩壊してしまいます。

ここのさじ加減は素人の僕にはわかりませんが、今の日本を支えるトップたち次第で日本は良くも悪くも大きく成長できるのです。

日本が好きで本当に成長させたいと思うなら政治の勉強や、議員さんについてもよく知らないといけませんね。

 

それではこの辺で終わります。

他にも記事を書いていますので是非読んでみてください。

ありがとうございました。

 

関連記事

大麻の解禁は東京オリンピックを機に起こる可能性がある

【実例あり】大麻の使用を一部合法にすべき理由【考え方が変わります】

CBDを過剰摂取する人の特徴は3つあります【一度見直すべき】

CBDはヨーロッパやアメリカで研究が進むと日本が危険になる事実

大麻の合法化で治安が悪くなるのか?【未来の日本を予想します】